logo-roadto3dcg logo-artstation logo-deviantart logo-pixiv logo-sketchfab logo-twitter logo-vine header

Blender | 正投影法や魚眼でレンダリングする

カメラのプロパティ設定によって、パース感のない正投影図や、魚眼レンズで撮影したような画像をレンダリングする。


正投影法でレンダリングする

遠近感のない正投影法でレンダリングするには、プロパティパネルのCamera→LensでPerspactiveからOrthographic(正投影・垂直投影)に切り替える。このモードにはカメラの焦点距離と画角の設定がない。写す範囲を変えたいときはOrthographic Scaleを調節する。

Blender公式wikiで正確なクォータービューの画像を作成する方法が解説されている。以下のページの一番下、 Isometric Rendering(等角投影図法)の部分。

Doc:JA/2.6/Manual/Render/Camera/Perspective - BlenderWiki

魚眼でレンダリングする

魚眼でレンダリングするには、プロパティパネルのCamera→LensでPanoramicに切り替え、Typeのプルダウンメニューから撮影タイプを選択する。

Fisheye Equidistant

現実のカメラレンズとは違うアーティスティックな表現用?らしい。設定項目がField of Viewだけなので、とりあえず魚眼風の表現をしたいというときはこっちでいいかも。

Fisheye Equisolid

現実のカメラレンズに基づいているらしい。カメラのセンサーサイズ(プロパティパネルのCamera→Camera→Sensor)にも影響される。細かく設定したいならこっちか。

  • Lens
    レンズの焦点距離(現実の魚眼レンズに合わせるなら10mm前後くらい?)
  • Field of View
    視野角(180°前後くらい?)

使用ソフトのバージョン: Blender 2.77a